Angel’s Taleとは

Angel’s Tale シーズーレスキューネットワークは、川崎市動物愛護センター(2009年7月29日登録)、東京都動物愛護相談センター(2009年10月27日登録)、神奈川県動物保護センター(2011年1月6日登録)、横浜市動物愛護センター(2011年10月7日登録)、柏市保健所 動物愛護ふれあいセンター(2016年3月9日登録)、さいたま市動物愛護ふれあいセンター(2016年4月12日登録)、千葉市動物保護指導センター(2016年8月26日)、川越市保健所(2017年2月23日)、埼玉県動物指導センター(2017年5月24日)、川口市保健所(2018年6月14日)で殺処分寸前のシーズーやブリーダー崩壊で行き場をなくしたシーズーの保護をし、新たな家族との幸せな生活を見つけるお手伝いをしています。
Angel’s Taleとは和訳で「天使の物語」。辛い経験をした子達が、「新たな犬生を見つけ、天寿を全うするまで、しあわせに満ちた物語を綴って生きて欲しい。」そんな思いから決めた会の名称です。スタッフ一同、愛しい命を繋げるために、一生懸命に頑張っています。殺処分は安楽死ではありません。10分以上苦しみ死んでゆく窒息死です。
そして、その残酷な方法で毎日多くの命が無理やり奪われています。

会発足のきっかけ

会の代表者が、2009年2月2日神奈川県にある川崎市動物愛護センターから里子に迎えた一匹のオスのシーズーとの出会いが発足のきっかけになりました。飼い主の迎えはおろか、推定10歳の老齢、全盲ではないか?と思われた目、そして皮膚疾患を持っていたため、どこからも譲渡の問い合わせが無くセンターの冷たい床の上で殺処分の日を待つだけでした。その後、眼球に傷は白く残りましたが視力は回復し、皮膚はなんら問題なく綺麗な毛が生え揃い、元気に毎日を一生懸命に暮らすことができました。どうして、まだまだ生きられる子達が!こんなに良い子達が人間の身勝手により命を奪われなければならないのでしょうか?年間何万頭もの愛しい命が人間の身勝手によって無残にも消されていく現実…そんな事があって良いのでしょうか?
現在の代表者が個人で保護活動を始め、その後同じ思いを持った数人の仲間が集まり、団体としての活動を始めました。今までは小型犬であれ犬種・地域を問わず保護をしてきましたが、線引きに線引きを重ねた末、団体登録が少ない川崎市動物愛護センター、そして横浜市の飼育放棄犬を中心とし、スタッフの思い入れも強くそれぞれに飼育経験のあるシーズー犬という特定犬種の保護からスタートしました。

会の趣旨

横浜市・川崎市・東京都からさらに活動範囲を拡大し、神奈川県全域の飼育放棄・遺棄されたシーズーのレスキューにも関わって行く予定です。傷病犬や老犬であっても処分される理由にはならない!その信念の元、出来る限りの傷病犬や老犬も分け隔てなく保護をする所存です。
Angel’s Taleスタッフ一同、応援してくださるみなさまと手を繋ぎ大切な愛しい命を繋げてゆけたらと思います。ご支援・応援をいただいているみなさまにお応えできるよう頑張りますので、ご賛同そしてあたたかく見守っていただければ光栄です。これからもAngel’s Taleをどうぞよろしくお願いいたします。

団体登録センター

川崎市動物愛護センター
2009/07/29登録

東京都動物愛護相談センター
2009/10/27登録

神奈川県動物保護センター
2011/01/06登録

横浜市動物愛護センター
2011/10/07登録

柏市保健所 動物愛護ふれあいセンター
2016/03/09登録

さいたま市動物愛護ふれあいセンター
2016/04/12登録

千葉市動物保護指導センター
2016/08/26登録

川越市保健所
2017/02/23登録

埼玉県動物指導センター
2017/05/24登録

川口市保健所
2018/06/14登録